「子供の頃から気になっていて矯正したいと思っていて、だけど今更という気持ち」

これは、80%くらいの成人の患者さんが、鏡を見る度、悩んでいらっしゃることでしょう。

「親が矯正をしてくれなかったから。」
「装置を付けると、見た目に抵抗があります。」
「転勤があるので」
「歯を抜いてまで、治療をしたくない。」


矯正治療を先延ばしにする理由を思いつくのは、簡単なことです。

人は誰でもやらなければならないことなのに、その出来ない理由を探すのは、天才的です。
その天才が私です。

私は20代後半より、体重が増加し始め、ダイエット暦20年になろうとする40代後半の男です。44歳から有酸素運動で体重を減らそうと思い、ジョギングを始めましたが、ジョギングが出来ない理由を探すことに関しては、誰にも負けないと自負しておます。
「走ると膝が痛くなるから」
「忙しいから」
「時間がないから」
「今日は寒いから」
「今日は暑いから」
「二日酔いだから」
「もう若くはないから」

きりがないので、これくらいにしておきますが、出来ない理由を100個書けといわれれば、簡単に書くことが出来るでしょう。

皆さん、もうお気づきかと思いますが、出来ない理由を探していても、体重は減りません。
ジョギングという行動を行わなければ何も変わらない
ことは、誰にでも分かることです。他人からすると、なぜ出来ない理由を探しているのか理解不能なことでしょうが、自分のことになると、こうなってしまうのです。

では、どうすればジョギングを出来るようになるか考えました。
「大好きな音楽を聞きながら走る。」
「景色のいい海岸沿いを走る。」
「走ると前日にお酒を飲めなくなるので健康にいい。」
多くの方法を考えましたが、確実にジョギングをするようになった方法が一つだけあります。
そのたった一つの方法とは?

それはマラソン大会に申し込んでしまうということです。

最近では、ホーム・ページから申し込みことが出来るので、わずか数分で料金の支払いまで終わらせることが出来ます。

マラソン大会に申し込むことにより、期限内に、マラソン大会を完走する体力が必要になるので、嫌でも走る必要があります。ジョギングをやらざるを得ない状況に自分を追い込んだのです。
おかげでジョギングを続けることが出来ていますし、体重も徐々に減少してきました。

歯並びの治療は、ダイエットよりも障害が大きいのかもしれません。
また、歯並びが気になっていても、虫歯と違って痛くないし、緊急性がないので、何年も同じように悩んでいる方が多いのです。

歯並びが悪いこともダイエットと同じで、そのままにしておいても痛くないし、急に困ることもないけど、いつかは治したいと悩んでいる方が、とても多いのです。

「歯並びが気になってから、20年以上我慢してきたけど、今始めなければ、このままずっと悩み続けてしまう。」
「もっと早く矯正すればよかった。」


このように、成人の患者さんの多くが、きっかけがなく、矯正治療を先延ばしに来てしまったことを後悔しています。

今まで多くの年月を、歯並びのことで悩んできた気持ちは、とても理解できるのです。
その悩みを少しでも解消するために、こうしてインターネットで検索しているのだと思います。
気持ちの整理が付きましたら、実際に矯正歯科医院で初診相談を受けてください。場所は、ご自宅の近くや、職場の近くが通いやすいでしょう。
矯正治療をするにあたって、費用が高額であるということと、長期間気持ちよく通っていただくために、何件かの歯科医院で相談されることをお勧めします。
その中の一つに、「さいとう矯正歯科クリニック」を選択していただければ幸いです。

このような、歯並びで悩んでいる成人の方の気持ちに配慮しているホーム・ページは非常に少ないでしょう。
ですので、「さいとう矯正歯科クリニック」で受けることが出来る初診相談では、悩みや感情に配慮させていただきながら行ないますので、安心して予約をおとりください。

お問合せ

PageTOP