成人矯正って、時間がかかるんじゃないですか?

「小中学生の矯正期間よりも、ずっと長く装置を付けなければならないと思ってました」
「歯並びを治したい気持ちはあるんだけど、大人の方が装置を長く付けなければならないのが不安なんです」


と皆さん思っているようです。
不安な気持ち、とても良くわかります。

「矯正装置はなるべく早く外したい」と考えるのが当然です。
実際はどうなんでしょうか。

年齢を重ねると、当然身体の代謝が、成長期に比べると低くはなるでしょうし、歯が動きにくくなる傾向はあると言われています。

しかし、矯正治療を行うことは、十分に可能ですし、逆に成人の方の方が歯並びを綺麗に治したいという明確な目的を持って治療を受けるため、治療に対して積極的で、多くのことに協力していただけます。
このことから、大人の治療が早く進むということの方が多いように思います。

実際に歯の動きは、遅いかもしれませんが、治療期間にそれほど違いはありません。
矯正装置も、大人と成長期では同じものを使用
します。

ですので、最近では、小中学生の矯正治療よりは、大人の矯正治療の割合がどんどん増加しています。
これは、さいとう矯正歯科クリニックだけでなく、日本全国でも同じです。
特に東京や横浜などの都心に近いほど、その傾向が高いです。
東京や横浜を歩いていると、矯正装置を付けている大人の方が、笑顔で会話していることを見かけることが多くなってきました。

「装置を付けていても、気付かれないことの方が多い」
「意外に装置が目立ちにくいので、思っていたほど気になりません」


このような感想を、装置を付けた後に言う方が多いのです。
また、裏側からの矯正治療を希望するケースも増えています。

大人の方でも、自信を持って矯正治療を始めることが出来る時代になったと考えています。

矯正装置を付けて、歯を移動する矯正治療期間は2年前後で、月に1回程度の来院となります。
来院回数は20~30回程度で装置を外すことが出来ますが、歯並びの状況により、治療期間と来院回数は延長することもあります。ご了承ください。

お問合せ

PageTOP