転勤があるので通院出来るか不安、仕事が忙しいので通い続けられるか不安

矯正治療は、長期間に渡り歯科医院に通わなければなりません。
矯正治療中に転勤の可能性がある方はどうすれば、良いのでしょうか。
さいとう矯正歯科クリニックは横須賀にありますので、自衛隊の方を矯正治療することがあります。
自衛隊の方は礼儀正しく、笑顔が素敵な方ばかりです。
しかし自衛隊の方は長期の出張がありますし、しかも地方への転勤が多いのです。
せっかく治療をして、とても仲良くなった患者さんが引越ししてしまうのは、とても寂しいのですが、当院は矯正治療の専門歯科医院ですので、お引越し先の歯科医院へ、矯正治療を継続依頼の手続きを行います。

「勤務先の状況で転勤する可能性が高い。」
「地方の国立大学に進学するかもしれない。」
「以前矯正治療を受けた歯科医院では、引き継ぎの手続きは何もしてくれなかった。」
「仕事の休みが取りづらい。」

など、矯正治療を始めても、その後歯科医院へ通うことが出来るかどうかを不安に感じるのも無理はありません。

さいとう矯正歯科クリニックは、矯正歯科専門歯科医院のみ加入できる「日本臨床矯正歯科医会」に加入しています。
「日本臨床矯正歯科医会」では、転勤で矯正治療を受ける歯科医院の変更が必要になる患者様のために、転院システムがあります。
このシステムは、矯正治療前のレントゲンや歯型などの資料をそれまでの経緯をまとめ,報告書として、引き継ぐ予定の歯科医師へ郵送し、治療そのものだけでなく、料金なども、また最初から全額がかかることがないように、手配させていただきます。

ですから、矯正治療を始める前に、治療中に引越しをしても治療の引継ぎをしっかり行なってくれるかどうか、治療を始める前に質問をするようにしましょう。
矯正治療の経験の豊富な歯科医院であれば、しっかりとした資料を作成して、引継ぎのための連絡をしてくれるはずです。
残念ながら、このように引き継ぎの手続きを、しっかり行なってもらえなかった患者さんの話を聞くことも少なくないので、歯科医院を選ぶ際に重要なことと覚えておいてください。

仕事の休日が少ない方は、歯科医院の診療日を必ず確認すべきでしょう。
極端に診療日数が少ない歯科医院もありますし、数年後先のことも考慮に入れる必要があります。

さいとう矯正歯科クリニックは、木曜日と祝日が休診日ですが、日曜日も月に1回診療していますので、日曜日にしか休日がない方にも安心して通っていただくことが出来ます。

お問合せ

PageTOP