歯を抜いたことがないので、歯を4本も抜くのが不安

「矯正治療をするのに、健康な歯を抜くんですか。」
「歯を抜くのって痛いですか。」
「歯の本数が少なくなって、噛みにくくなりませんか。」
「他のホーム・ページで歯を抜かないで矯正できるって書いてありましたが。」


初めて矯正の相談を受ける方は、このように健康な歯を抜くことに、最も不安を感じています。
私でも自分の子供の健康な歯を抜いて治療をすると言われたら、どうして歯の治療のために、健康な歯を抜かなければならないのか、不安になるでしょう。

歯並びの状況によっては、健康な歯を何本か抜いて、治療を行なう場合もありますし、抜かないでも出来ることもあります。
抜くかどうかは、歯並びと顔面骨格の状況から決めていきますので、個人によって、抜くかどうかは違ってきます。

矯正治療を始める前に重要なのが、抜くかどうかを決めるのは、矯正治療を担当する歯科医師の説明を聞いてからにして欲しいのです。
その理由は、「抜いて治療する」のと「抜かないで治療する」のでは、治療結果が大幅に違ってくるからです。
結果が一緒であれば、誰でも抜かない方を選ぶでしょう。

矯正治療を担当する歯科医師が、なぜ抜くのか、逆に抜かないのかを明確に説明してもらえるかどうか、説明に納得できるかということも大切です。

最近では、患者さんは「他の歯科医院で抜かなくてもいいって言われましたが、大丈夫か不安です」と結局どちらでも不安に感じてしまうことが分かってきました。
どちらにせよ、ご自分が納得できるような説明を受けることが出来たかどうかだと思います。

実際に、とあるホーム・ページで、「矯正は抜かないでも出来る。」と書いてあるのを見るのは、珍しいことではありません。
しかし、ものごとには長所短所が必ずありますから、一見して旨いことしか書いてない記述は、私は信頼できません。
私も歯科医師の1人として、なるべくは歯を抜きたくないという気持ちは強いです。

しかし、抜かないで矯正治療を行なった場合に、欠点があまりにも多くなると考える場合や、抜かないと患者さんが最も治したいと思っている場所が治らないと予想される場合は、正直に説明しますし、歯を抜いて矯正治療をする場合もあります。

歯並びのデコボコがとても大きい方や、口元から歯が突出している方は、歯を抜いて矯正治療を受ける可能性が高いでしょう。

歯を抜いて治療するか、抜かないで治療するか、大きな結果の違いは、前歯の位置です。
歯を抜かないで矯正治療をすると、歯並びの状況によって変わりますが、前歯の位置はより前方になる傾向があります。
また逆に抜いて治療する場合は、前歯の位置は、より後方になる傾向があります。


歯を抜いて前歯を後方へ移動し、口元がスッキリした症例

もちろん個人の歯並びで、どちらを選択するかは違ってくるので、口元と治療後の前歯の位置を、明確に横顔のレントゲンなどで説明してもらえるようであれば、安心です。

さいとう矯正歯科クリニックでは、個人の歯の状況から、抜く・抜かない場合の結果の違いを、分かりやすく画像で説明いたします。

また抜く時の痛みや不安など、ご質問に全て正直にお答えしますし、「歯を抜くのは全然痛くないです。」などと、嘘の答えをいうつもりもありません。
悪いことや欠点も説明したうえで、ご納得して欲しいのです。

もしご納得できない場合は、「矯正治療を行なわない。」という選択肢もあるのですから。
患者さんの気持ちを無視して、矯正治療を強引に押し付けることは、絶対にしていません。

とりあえず、初診相談の予約をしていただき、初診相談の説明を聞いて欲しいと思います。
その後に、「歯を抜くべきなのか」、「矯正治療を始めるかどうか」を決めることをお勧めいたします。

お問合せ

PageTOP